さらさらの血液を目指して

健康診断に行くと、必ず血液検査が行われます。
私個人はありがたいことにここ10年は悪い結果を頂いたことはないのですが、健康診断後に医師との面接が長い方は、高確率で血液検査の結果が悪い場合がほとんどです。

会社で受けさせてもらう人間ドックなどは、一斉に受けに行きますので、同じ時間に行っても同じ時間には帰れない場合もあり、午後から出勤のつもりがそうは行かない場合もあるのです。
私は採血が怖いと言う意識がないので、試験管に入って行く血液を眺めていますが、その時にだいたい今日も大丈夫だなと思えます。

さらさらの血液は、スムーズに試験管に収まって行くからです。
脂っこい食事が多く、野菜の足りていないどろどろの血液だと、なかなかそうは行かず採血に時間がかかるのです。
採血に時間がかかるなと感じたことは、今のところありませんし今年も大丈夫でした。
今年の健康診断でのことですが、ほぼ同じタイミングで採血が始まったお隣の方は、私が席を外してからもしばらくそのままでした。
200ミリの採血にかかる時間はそれほど長くはありません。
やはり、こう言う時に健康に対する意識の違いや、自分の体を大事に出来ているかどうかを強く実感するのです。

人間ドックへ行くとだいたい昼食が用意されていますが、その食事はバランスよく配置されていて食べやすく、疲労回復を意識したメニューが多いと感じています。
発酵食品や野菜も豊富で、体に必要な栄養素が熟慮されています。
たんぱく質、食物繊維や食物酵素、脂質など、見た目にも食が進むように工夫されていますので、スマートフォンで写真を撮って帰って来ることもあります。

自宅での食事にうまく取り入れたいからです。
酵素を摂取しようと意識すると、自然と普段の食事も変わってくるものです。
私は採血があった日は、意識して肉と合わせて納豆とひじきの煮ものを食べるようにしてます。
新しく血液を補うことを踏まえて、その新しい血液もさらさらになって欲しいと考えるからです。
是非血液をサラサラにする為に食物酵素を多く取り入れる術を身につけてください。