いま流行りのデトックスを意識

デトックス、と言う言葉が世に出て何年くらい経つでしょうか。
私がその言葉を意識し始めたのは2008年頃で、好きな作家さんが書かれた健康に関するエッセイがきっかけでした。
特別体調を崩していたわけではありませんが、体調不良で倒れるような体を自分が作ってはいけないのだと気づいたのです。
自炊が嫌いではないこともあり、積極的に自炊に励むことにしました。
そうすると、自分の好みがわかってきます。
好きな味付けにすると、意外と苦手な物が食べられることに気がつきました。
これはいい発見だったと今でも思っています。

デトックスは体の中に溜まった毒素を出すことですが、それが出来る食材の中には苦手な物が多く、避けて通って来ました。
ですが、それは他人の手によってその人好みの味付けだったからだと気づくと、食べられない物が自然と減って行ったのです。

健康管理には、やはり自炊はお勧めの方法です。
食材や栄養価にも詳しくなりますし、これを食べたら元気になると言う、即効性のある食材もわかってきます。
体内の環境を整える意味で、食物酵素を摂るために野菜などは生で食べたいところですが、実際のところ生だとなかなか量を食べるのは大変ですよね。
そういう時は、一気にミキサーでジュースにしてしまう方法がお勧めです。

ジュースにしてしまうと腸に届くまでの時間もかなり短いので、さっと腸を洗うくらいの気持ちで食生活の一部として取り入れたいものです。
市販の野菜ジュースでもいいのですが、やはり朝、自宅でミキサーを回して作る方が栄養面、野菜の組み合わせで色々な味が楽しめるので飽きがこなくていいと思います。
酵素を摂取することはそんなに難しいことではないのです。

また、果物を加えることで飲みやすくもなるので、意識して複数の野菜や果物を摂ることにも繋がります。
生きた酵素を摂り入れて、活き活きと生活出来る体づくりを目指しましょう。
他に、発酵食品から食物酵素を取り入れる方法が簡単ですね。
忙しい日は納豆ご飯が私の定番のご飯でもあります。